二年以上も交際している女性がいるのですがなかなか結婚まで行きません

私は陽性でノンキで不器用で、それでいて内気。彼女はキチョウメンで器用で完全主義で、それでいて強気。性格は違っていても価値観、人生観などはかなり共通しています。だから私は、二人の性格が違っていてもいいと思うのに、彼女は気にします。また、こんな性格ですから、当然、私のほうに欠点やエラーが目だち、そのつど彼女に指摘され、自分でもそれに気をつけ、ずいぶん改善(改悪かな)され、両親も喜んでいます。だから私は、ぜひ彼女と結婚したいのに、彼女はますます冷然と私を見るような感じです。このジレンマからどう脱出すべきか……。

〈回答〉この膠着(こうちゃく) 状態を抜け出す道は、二つあると思います。一つは、結婚について、とことん徹底的に語り合ってみることです。会っているときには「共通の趣味のどれかで楽しむ」と書かれていますが、楽しんでばかりいないで、真剣にまじめに話し合ってごらんなさい。結婚するのかしないのか、するとすればいつか、将来の家庭設計は、ビジョンは、といったことをお互いに腹蔵なく述べ、聞きただし、モャモャしたものに光を当てるのです。すると、「価値観、人生観はかなり共通」との文面ですが、それが確認されるか、あるいは幻影と悟らされるか、いずれにせよ、おのずから結論が出てきます。もう一つは、三ヵ月なり半年なりの期限を設けて、その間、会うのを中止してみることです。隔週の週末のデートを継続して二年余となると、初めのころの新鮮味も感動も色あせ、習慣化し、なんだか一種の惰性みたいな感じになる恐れ、なきにしもあらずです。

参考:

Comments are closed.